確定申告の準備はできましたか?

個人事業者の確定申告とは

個人事業者は所得税を計算するために、その年の1月から12月までの期間の収入から経費を差し引いた所得金額を集計・計算して、そこから扶養控除などの控除額などを引いた上で、その年の税額を計算します。 そして翌年の確定申告期に「所得税確定申告書」を提出して申告と納税をすることになります。

確定申告期

個人事業者の平成30年分所得税確定申告は、平成31年3月15日までとなっています。 まだ時間はあると思っていたら、結構あっという間に終わってしまいます。 そして確定申告が終わるころに春が来ます!

税理士を探す

確定申告が始まると税理士先生も大忙しです。 なにしろ個人の確定申告は、ほぼ1か月間に集中しますので。 そのため、確定申告期に税理士を探すよりも、早い目に探しておく方がスムーズに事が運びます。

会計ソフトを探す

自分で仕訳計算する場合、会計ソフトを利用すれば、早く正確に決算書が作れます。 最近の会計ソフトはクラウド型(会計ソフトが業者のサーバー内にある形)も多くなってきています。

準備は早い目に

準備は早い目にして、慌てず正しく確定申告を行いましょう。